お金とダルマ

みんなで大家さんで投資をスタートしよう!

管理の代わりに家賃を得る

マンション

管理費用の考慮が重要

資産形成の手段としての不動産投資の魅力は経営によって家賃収入を継続的に得られることです。マンション経営は部屋の数も多くて部屋あたりの家賃も高いものが多いことから収入を高めるには適している不動産投資として着目されています。ただし、投資はマンションを購入すればそれで終わりというわけではありません。マンション経営を続けることによって家賃収入が得られるため、仕事をしなければ利益が得られないがマンション経営による資産形成の仕組みです。マンション経営における仕事は管理業務が主なものになります。部屋が空いたときには入居者募集を行い、入居者がいるときにはトラブルに対応し、入退居の際には手続きや部屋のクリーニングなどを行うといった対応が必要です。また、廊下やエントランスなどの共有部分の清掃やエレベーターなどの点検も重要な管理業務であり、入居者が快適に利用できるように整備することがマンション経営を成功させるために欠かせません。このような管理業務を日常的に行う代わりに家賃を得ることで資産形成が行えるのがマンションによる不動産投資の特徴です。管理に際しては管理費用がかかることも念頭に置いておきましょう。家賃収入は全て自分の資産になるとは考えずに、一部はマンション経営のための資金として必要になると考えておくと毎月の収入を正しく見積もることができます。将来的な修繕に使用する費用についても考慮するのが安全策です。